食物繊維たっぷりで便秘も解消!チアシードダイエットとは


チアシードのやせ効果とは?

チアシードは、南米で栽培されるシソ科の植物の種でミラクルシードと言われるほど栄養素を沢山含んだスーパーフードで、女性の敵である便秘解消も期待できます。

ちなみに黒っぽい一般的なチアシードと白っぽいホワイトチアシードというようなものがあるんですが、私が購入するときに調べたところ、ホワイトチアシードの方が効果的成分量が多いのでホワイトチアシードの方がお薦めできます。

チアシードには良質な油で体脂肪を落ちやすくしてくれるオメガ3脂肪酸が沢山含まれていて、その量は含有量が多いといわれるサーモンのおおよそ12倍にもなります。


チアシードのやせ効果【オメガ3脂肪酸の効果】

  • 中性脂肪を下げる
  • 基礎代謝の促進
  • 高血圧の予防
  • 動脈硬化の予防など

以上の様な効果が期待できます


チアシードダイエットのやり方

成人女性の1日に必要な最低カロリー量1200Kcalは摂取しながら行います。
1日に摂取してほしいチアシードの量は大さじ1(約15gで食物繊維量3.4g・レタス1個分の食物繊維量に匹敵)で、朝食にヨーグルトと一緒に半量の7.5gを摂り、残り半量は昼食か夕食に摂ればOK!

1日に15g以上摂取すると食物繊維の効果が出すぎて、お腹が緩くなってしまったり、さらに摂ると腸の水分を吸収して便秘がひどくなることもあるので、摂りすぎには注意しましょう!また、チアシードダイエットをしている時は沢山の水分を一緒に摂ることも重要になります。

さらにチアシードは水に浸して冷蔵庫で12時間以上置き、十分に戻してから使いましょう!水で戻さないで使うとお腹の中で発芽毒(チアシードは種なので発芽しようとして毒が発生)といったものが発生し、逆に体に害になることもあるそうです。


チアシードドレッシングの作り方

チアシードは種なので、有効成分を上手に無駄なく摂取するには、すり潰して摂取するのが一番オススメ!

そこで適切なのがドレッシングです。

ドレッシングにするとチアシードのオメガ3脂肪酸の油が野菜に含まれるβカロテンやビタミンE・Kなど脂溶性の栄養素の体への吸収率を高めてくれます。

チアシードドレッシングは、普段使用しているドレッシング大さじ1に対し、すり潰したチアシード小さじ1で作れます。

あとはお好みの茹で野菜などにかけるだけでOK♪

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク